お問い合わせ

 0138-55-6652

リフォーム&リノベーション

マルサ佐藤建設のリフォーム

・大規模な性能向上リフォーム(リノベーション)

・増築、減築などの中規模リフォーム
・外壁の貼替、屋根の貼替、キッチン廻り、トイレ廻り、お風呂の交換、壁紙の張替、フローリング貼替、玄関扉の交換、サッシの交換、間仕切り壁変更などの部分的なリフォームに対応します!

大規模な性能向上リフォーム(リノベーション)

リノベーションとは性能向上リフォームです。
新築当時の性能を超えるリフォームで大規模な改築をイメージしてください。

リノベーション事例はこちら

・親族から家を譲り受けて持ち家がある。
・寒くて光熱費がかかるので何とかしたい。
・中古住宅を購入して自分に合った間取りに変更したい。

メリット①新築に比べて費用が抑えられる。

住宅を構成する基礎や構造体である木材にかかる費用が抑えられるので新築するより安価で建築できます。

メリット②住み慣れた場所で新築時を超える性能の家に住み続けられる。

現状の家より
A.断熱・気密性能の向上
B.窓の断熱気密性能の向上
C.室内換気による熱損失の低減  
を行います。

A. 断熱・気密性能の向上

既存の壁断熱材(グラスウール)を新しい断熱材(高性能グラスウール)と交換し、外壁側には押出発泡ポリスチレンを付加します。
基礎部分は新たに押出発泡ポリスチレンを付加したり、硬質発泡ウレタンを吹き付けます。

古い断熱材から新しい断熱材へ入れ替え
古い断熱材から新しい断熱材へ入れ替え
古い断熱材から新しい断熱材へ入れ替え
外壁面グラスウール撤去
古い断熱材から新しい断熱材へ入れ替え
外壁面グラスウール充填完了
基礎にカネライト及びウレタン吹付け 外周基礎周りカネライトフォーム貼り付け
基礎にカネライト及びウレタン吹付け基礎にカネライト及びウレタン吹付け
外張り断熱外張り断熱

 

B.窓の断熱気密性能の向上

既存の窓サッシを新しい窓サッシ(トリプルガラス樹脂サッシ)に交換します。
〈普通のアルミサッシ〉

〈トリプル樹脂サッシ〉あたたかさが逃げません!

窓交換サッシ撤去状況
窓交換サッシ取り付け リビング
C.室内換気による熱損失の低減

新たな建物性能、間取りに対応した換気設計を行います。
換気は住宅の暖かさを決めるうえで、非常に重要なものです。
新たにリノベーションした建物の性能、また間取りに対応したオンリーワンの換気設計を行います。

換気システムについてはこちら

 

メリット③自由な間取りに変更できる。(耐震性を損なう変更不可)

既存室内の天井、壁を一度解体するため、新たな間取りにしながら、必要な補強を行い、耐震性能を向上させることが可能となります。

完成
工事前
解体
工事中
完成
工事後

構造計算書

構造計算書

メリット④ 冬暖かく、夏涼しい住宅になり光熱費も削減される。

住宅の骨格部分の断熱気密性能を上げることにより、屋内で発生した暖気が、屋外へ逃げていかないため、室温が下がりづらくなります。
室温が下がらないということは、暖房機器の稼働するエネルギーを抑えることにつながるので、光熱費の削減につながります。

マルサ佐藤建設の家(断熱)

 

メリット⑤ 建物売買の際、中古住宅としての評価が上がる。

将来の建物価値を上げるため、以下の認定を取得します。
長期に渡って良好な住環境長期優良住宅認定取得)
建物の省エネBELS認定取得)
【長期に渡って良好な住環境】 
長期優良住宅とは「長期にわたり良好な状態で使用するための措置が講じられた優良な住宅」を指します。
具体的には以下の基準を満たした住宅が長期優良住宅として認定されます。

[認定書]

数世代にわたり住宅の構造躯体が使用できること。
極めて稀に発生する地震に対し、継続利用のための改修の容易化を図るため、損傷のレベルの低減を図ること。
必要な断熱性能等の省エネルギー性能が確保されていること。
構造躯体に比べて耐用年数が短い設備配管について、維持管理(点検・清掃・補修・更新)を容易に行うために必要な措置が講じられていること。
将来のバリアフリー改修に対応できるよう共用廊下等に必要なスペースが確保されていること。
【建物の省エネ】

BELS認定制度は、建築物のエネルギー消費性能の見える化を行うことで、性能の優れた建築物が市場に評価され、選ばれるような環境整備等が図られ、第三者機関が公正かつ的確に住宅の省エネルギー性能を評価する制度です。
レストランやホテルを評価するミシュランのようなものですね。
☆から☆☆☆☆☆までの5段階評価です。

BELS評価書

長期優良住宅の認定やBELS認定を取得した自己所有の戸建て住宅を、売却する場合に住宅の高性能をアドバンテージにして売買できるため、中古物件としての価値があがります。

 

 

メリット⑥ 補助金最高250万円がもらえる。

国土交通省が実施する、「長期優良住宅化リフォーム推進事業」への申し込みで、最高250万円の補助金支給があります。
補助金概要についてはこちら

 

メリット⑦ 各種減税の対象となる。

長期優良住宅の認定取得による税制優遇

固定資産税→5年間減税期間の延長(通常3年間)【改築対象】
住宅ローン税→5000万円限度額の引き上げ(通常4000万円)【改築対象】

 

おすすめは断然リノベーション!

このようにリノベーションにはたくさんのメリットがあります。
新築当時の性能を超えるリフォームであるリノベーション。
お気軽にお問い合わせください。