新築住宅に関する考え方

冬の1コマ

この会話、夢に見たマイホームを取得したのに、満足のいく言葉でしょうか?


マイホームは一生ものです。
上の会話も一生続いていきます。次第に上記のことに慣れ始めてこれが当たり前になっていきますが、ちょっと待って!
それって本当に満足したマイホームなのでしょうか?


じゃあ、マルサ佐藤建設の家だったらどうなるの?

マルサ佐藤建設の場合

マルサ佐藤建設は、3つの「家」を掲げています。

家は住み心地
<家は住み心地>
家の光熱費カット
<家の光熱費カット>
家は安全
<家は安全>

まず家は住み心地が1番でなければなりません。じゃあ住み心地がよくなるにはどうすればよいか?
答えは「家の性能を第1に考える。」です!


内装がどんなにカッコよくても、上のイラストのようにしつかり目標を設定して家づくりを始めなければ、冒頭のイラストのような会話が一生続きます。性能を後回しにすると、将来リフォームしたいときや、売却したいときに制限がでてきてしまい、思うような結果が得られません。


マルサ佐藤建設の考える住み心地とは?

骨格をしっかり作る。

ここでの骨格とは断熱、気密のことをいいます。木構造住宅の骨格は大工さんがいれば、どこの建設会社でもできます。
しかし断熱、気密はそうはいきません。しっかりとした知識が必要となります。


熱損失の1番大きいサッシには、断熱性能を考え「トリプルガラス樹脂サッシ」を採用。
サーモカメラで比較しても、その効果は一目瞭然です。(下記図をご参照ください)


当社はこの技術にこだわりを持ち、断熱においては外壁付加断熱を標準とし、基礎、床、屋根にも断熱材を豊富に使い 窓枠、サッシも断熱性の高いものを標準的に採用しています。

普通のアルミサッシ熱比較
<普通のアルミサッシ>
トリプルスマージュのサッシ熱比較
<トリプルガラス樹脂サッシ 
あたたかさが逃げません!
トリプルスマージュ
三協アルミのトリプルガラス樹脂サッシ <トリプルスマージュ>

C値とは

※C値とは、隙間相当面積を数値化して、家の気密性(隙間の量)を示す指標です。この数字が小さいほど、気密性が高いことを表します。


気密については建物完成後家全体の隙間を計る気密測定を実施することを標準とし、家の気密性能を数字化して評価しています。 気密を評価するC値の結果は毎回一般的な木造住宅に比べて圧倒的に隙間が少ない値を示しています。

C値(石川モデル)
<マルサ佐藤建設の建物の隙間>

圧倒的に隙間が少ないので、当然熱損失も少ない=省エネにつながる!

C値(国の基準)
<国の基準>


他の工務店の場合(断熱)
<エコじゃない家>
マルサ佐藤建設の場合(断熱)
<マルサ佐藤建設の家>

高性能でエコな冷暖房設備を投入する。
骨格が完成したら、高性能なエコ設備を投入します。
少ない動力で空気中から熱を集めて大きなエネルギーに変えることのできるヒートポンプ設備を暖冷房、給湯に用いることで電気代を節約。


先にあげた骨格がしつかりしているため使うエネルギーが家の外に出づらく、消費しないため、ただでさえエコな設備がエコな骨格によって少ない使用量でおさまります=光熱費の削減。
真冬に省電力、省起動で快適な住まい。


ガスより熱効率が高く調理時間を短縮できるIHクッキングヒーターを積極的に採用。
熱のロスが減ります。


太陽光発電と組み合わせればゼロエネルギーハウスができあがります。→ゼロエネルギーハウスとは

地震、火災に強い家。
設計段階で耐震等級3を取得します。耐震等級3は木造建築物で最大の耐震性能を有している証拠です。万一の地震に対しても強い家になります。
設備を電気に統一することで火を使わないため火災の心配がありません。

ちょっと一言

マルサ佐藤建設の家は断熱気密がしっかりしていて、耐震性能も強く、エコな設備がついているということで、太陽光発電+aで搭載することにより、大災害が起こっても倒壊せず、太陽光で発電した電気を少量運転するだけで、暖房が賄え、インフラがストップしても生活に支障をきたさない家となっています。


北方型住宅

北海道ビルダーズ協会

新住協

P.V.ソーラーハウス協会

お問い合わせ・資料請求はこちらからどうぞ
ページトップへ