マルサ佐藤建設の歴史

佐藤公平
1910年(明治43年)
故郷で修行の後、函館に渡りマルサ佐藤建築創業
以後、棟梁として生涯大工を全う
1965年(昭和40年)
75歳で他界
詳細
1890年(明治23年)生まれ
新潟県北蒲原郡新発田出身
佐藤健一
1917年(大正6年)
初代公平の長男として生を受ける。
以後、初代 公平の教えのもと大工見習いから棟梁へ
1943年(昭和18年)
戦地へおもむく
1945年(昭和20年)
終戦。シベリヤに抑留
1950年(昭和25年)
帰国(大工だったので終戦後もシベリヤから返してもらえなかった。)
2000年(平成12年)
83歳で他界
詳細
二級建築士
佐藤昌博
1955年(昭和30年)
二代目健一の次男として生を受ける
1976年(昭和51年)
函館工業高等専門学校卒
1977年(昭和52年)
前身のマルサ佐藤建築勤務
1987年(昭和62年)
法人改組(株)マルサ佐藤建設 代表取締役に就任
以後、現在に至る
詳細
一級建築士
二級建築士
一級建築施工管理技士
一級土木施工管理技士
宅地建物取引主任者
佐藤健太郎
1982年(昭和57年)
3代目昌博の長男として生を受ける
2000年(平成12年)
私立東海大学第四高等学校卒
2004年(平成16年)
東海大学工学部建築学科卒
2004年(平成16年)
横浜市のゼネコン勤務
013年(平成25年)
前社退職後(株)マルサ佐藤建設に勤務
詳細
一級建築施工管理技士
住宅建築コーディネーター
お問い合わせ・資料請求はこちらからどうぞ
ページトップへ