ハウスメーカーとの違いを教えてください。

営業、設計、施工を担当者がすべて一括で行います。

決められたプランでたくさんの新築住宅を建てることは会社の経費削減につながります。


どういうことかというと、「色や素材はこの中からのみ選んでください。」「間取りはこの中からのみ選んでください。」と決められた手順を踏んでお客様に対応すると、社員はお客様との打ち合わせを最小限に抑えることができ社員の自由を作り、違う仕事をさせることができます。プランを外れた計画にすると、金額が跳ね上がったりします。打ち合わせに社員の時間が取られるからです。社員の自由を作る替りに、お客様の自由を奪ってしまいます。
これがハウスメーカー営業手法。


TVCM、広告の費用どこからだしていますか?自由を奪ったお客様からです。
現場で働く職人さん、地元の大工さんです。ハウスメーカーの大工(下請け)さんではありません。
レンタル大工さん(下請け)です。これがハウスメーカーの建築手法。
レンタル大工(下請け)さんがハウスメーカーの建築ノウハウを把握しているでしょうか。疑問です。
営業、設計、施工を分担して各々の担当者に振り分けられているのが現状です。


マルサ佐藤建設は決められたプランはありません。お客様のご希望の色、素材、間取りで一から考えます。お客様と何度も打ち合わせを行い、自由に設計していただけます。


打ち合わせ回数が多いからといって料金が上がることはありません。施工にあたっては、弊社仕様の断熱気密の教育をした職人さんで構成されており、下請けに工事を任せることはしていません。直属の職人さんに施工させ、弊社の社員が工事現場に足を運び図面通りできているか確認します。


営業、設計、施工を担当者がすべて一括で行う為、お客様にとっては安心に繋がると考えます。