最近の住まいは、気密性が高いと聞きますが、家の中の空気の心配はないのでしょうか?

自動で室内環境が新鮮空気で保たれ室内が寒くならないように配慮しています。

気密性が高く換気が不十分な場合、シックハウス症候群という病気の症状がでてきたり、アトピーになったりする例が報告されています。
それに伴い建築基準法で1時間当たり所定の換気量を確保することが義務づけられています。


内装の壁でよく見かける外とつながっている換気用の穴がありますがそれがそうです。
寒い風が入ってくる箇所なので閉じたり、ガムテープを貼ったりしているのをよく見かけます。


弊社ではその換気の穴からの熱ロスを防ぐため第1種熱交換換気システムを採用し機械的に換気を行い、新鮮な外気を加温して室内に取り込み、汚い空気から熱回収を行い外気に排出する構造としているため、自動で室内環境が新鮮空気で保たれ室内が寒くならないように配慮しています。