木造で家を建てたいのですが、どんな工法がよいのですか?

木造は大きく分けて在来工法と壁式枠組み工法(2×4工法)があります。

木造は大きく分けて在来工法と壁式枠組み工法(2×4工法)があります。


弊社はどちらの工法でも工事可能ですが、特に指定の無い場合は枠組み壁工法を採用させていただいています。
枠組み壁工法は、断熱気密に漏れが少なく、耐震性能も高いですし、木材の種類が少ないため安価に施工できます。