北斗市 飯生 住宅 水廻り断熱改修リフォーム工事 ユニットバス廻り編

2018年12月1日|カテゴリー「リフォーム ,内装工事
北斗市飯生にある住宅の水廻り断熱改修リフォームが始まりました。
キッチン、ユニットバス、洗面化粧台という水廻りを中心としたリフォームで、約20年間当時のままの設備を使用しており、キッチンや洗面化粧台では蛇口廻りから水が漏れ、扉の面材が剥がれている状態でした。
ユニットバスは非常に寒く、お風呂を沸かして入らないとシャワーだけでは入られないほど床も冷たく、窓からの冷気もユニットバス内を冷ましてしまう要因になっていました。

ユニットバスの解体工事からスタート!


ユニットバスの下は外気と接しているコンクリートの床になっていて、ユニットバス本体の床はタイルになっているため熱が逃げやすく、温まりづらいというデメリットがあります。

現状

北斗市 飯生 住宅水廻り断熱改修リフォーム

北斗市 飯生 住宅水廻り断熱改修リフォーム

北斗市 飯生 住宅水廻り断熱改修リフォーム

解体してみると。。。

北斗市 飯生 住宅水廻り断熱改修リフォーム
解体すると壁には厚さ100mmのグラスウールのみでした。
気密シートがありません。
これでは寒いはずです。
グラスウールは空気を遮断する素材ではないので、風や冷気をまともに通してしまいます。

北斗市 飯生 住宅水廻り断熱改修リフォーム

床には発砲ウレタンを吹き付けていて厚みは8cm近く吹いてあります。
厚み150cmほどのコンクリート床がこの下にあり、そこから先は外部になります。

北斗市 飯生 住宅水廻り断熱改修リフォーム

グラスウールを取り除いて断熱気密工事をやり直します。

窓サッシもペア硝子で性能の低いものを使用していたので、トリプル硝子の窓サッシに取り替えます。

性能の悪い窓を撤去

北斗市 飯生 住宅水廻り断熱改修リフォーム

サッシを取り外す際に、外壁の乾式タイルも撤去しなければならないので、最小範囲で撤去していきます。

北斗市 飯生 住宅水廻り断熱改修リフォーム

窓の取り外しが完了しました。
北斗市 飯生 住宅水廻り断熱改修リフォーム


新しいトリプルガラス窓の取り付け!

a9f25c3ae35c087d00ac4ab399ec4c33

北斗市 飯生 住宅水廻り断熱改修リフォーム

外側のタイル補修完成!

北斗市 飯生 住宅水廻り断熱改修リフォーム

断熱も気密も取れる発砲ウレタン吹き付け

北斗市 飯生 住宅水廻り断熱改修リフォーム

北斗市 飯生 住宅水廻り断熱改修リフォーム
壁に入っていたグラスウールと発砲ウレタンの熱貫流率の差は、厚み等考慮すると約5倍暖かいことになります。

床はユニットバスをバリアフリーにしたかったため発砲ウレタンを多く吹き付けることができませんでしたが、要所に厚みを持たせました。

今回はユニットバス廻りの断熱気密施工の紹介をしました。
次回はキッチン、洗面廻りの断熱気密工事を紹介します!


北海道函館市の新築・リフォーム・修繕のことなら株式会社 マルサ佐藤建設

TEL:0138-55-6652/FAX:0138-51-9227
営業時間:8:00~17:00
主な施工エリア:北海道、函館市、北斗市、七飯町周辺