函館市 花園町 新築 断熱基礎工事及び土台敷き

2017年10月21日|カテゴリー「新築
函館市 花園町 新築 基礎断熱

函館市花園町で行われている新築物件の基礎断熱工事の続きです。前回の記事は→こちら

立ち上がりのコンクリート打設が完了し、固まるまで型枠が取り付いていましたが、所定の強度が出たため解体しました。




函館市 花園町 新築 基礎断熱


床下の基礎も断熱空間となり暖かい生活を送ることができ、光熱費の節約にもつながります。





函館市 花園町 新築 基礎断熱

基礎の中にある土を平滑にし、土間の断熱工事に取り掛かります。







函館市 花園町 新築 基礎断熱

まず土からの湿気でコンクリートが湿った状態になるのを防ぐために防湿シートを敷きます。






函館市 花園町 新築 基礎断熱

次に断熱材を敷き込んで、土間の鉄筋を配筋していきます。








函館市 花園町 新築 基礎断熱

玄関の床にも温水暖房管を張り巡らせ、雨の日や雪の日に玄関が水浸しになっても乾くように設計しています。







函館市 花園町 新築 基礎断熱

土間のコンクリート打設を行っていきます。









函館市 花園町 新築 基礎断熱

コンクリート打設が終わるとこんな感じです。

基礎の立ち上がりと土間に断熱材が入っているため、床下も断熱空間となり、部屋内で暖かい生活を送ることができ、光熱費の節約にもつながります。




函館市 花園町 新築 基礎断熱

今度は基礎の上に木の土台が載ることになるので、一定のレベル調整をモルタルで行います。

一般的にこの作業を「天端だし」と言います。




ここまで作業が完了したら、いよいよ基礎から上の建物の工事に入っていきます。

随時更新していきます!








北海道函館市の新築・リフォーム・修繕のことなら株式会社 マルサ佐藤建設

TEL:0138-55-6652/FAX:0138-51-9227
営業時間:8:00~17:00
主な施工エリア:北海道、函館市、北斗市、七飯町周辺