函館市 駒場町 新築住宅平屋建て 建て方

2018年10月13日|カテゴリー「新築

壁式枠組工法(2×6工法)

函館市駒場町で新築工事がスタートしています。
平屋建て約32坪+車庫を併設しています。
長期優良住宅の認定とBELSを取得した高性能な建物になります。
耐震等級は木造最高ランクの3です。
今日は基礎の土台敷きが終わって、建て方の状況を紹介します。建築工事の一番の注目部分です。


この平屋の建物は壁式枠組工法を採用しました。
一般的に【ツーバイフォー工法(2×4)】と呼ばれています。
昔からある日本の木造建築工法は【在来工法】と呼ばれ、柱と梁と壁や筋交いで構成されたものですが、ツーバイフォー工法の場合は壁の材料が柱の役割をはたし、梁は存在せず、壁と床で骨格を造り地震に耐える工法です。

建物内の暖かさを確保するための気密性能は、在来工法よりツーバイフォー工法のほうが有利です。
当社は断熱をより一層高めるために、外壁廻りの柱材を大きくし、隙間に入る断熱材の量を増やし、耐震性能も確保することをしています。
よってツーバイフォー工法(2×4)ではなくツーバイシックス工法(2×6)を採用しています。

1日目

函館市 駒場町 新築平屋建て 建て方

あらかじめ別の場所で組み立てた壁をレッカーで荷揚げし、組み立てていきます。

函館市 駒場町 新築平屋建て 建て方

函館市 駒場町 新築平屋建て 建て方

函館市 駒場町 新築平屋建て 建て方


1日でここまで進みました。

2日目

函館市 駒場町 新築平屋建て 建て方

函館市 駒場町 新築平屋建て 建て方

函館市 駒場町 新築平屋建て 建て方

函館市 駒場町 新築平屋建て 建て方
天井のパネルを敷いたら、天井の気密を確保するため、シートを敷きます。

シート敷きが完了したら、屋根の設置に取り掛かります。


函館市 駒場町 新築平屋建て 建て方

函館市 駒場町 新築平屋建て 建て方

函館市 駒場町 新築平屋建て 建て方

函館市 駒場町 新築平屋建て 建て方

屋根の敷き込みが完了したら、壁と屋根を金物で緊結する作業を行います。

この金物はひねり金物といい、風圧で屋根が持ち上げられそうになったときに、効力を発揮します。

丸2日で建物の建て方が完了しました!
次回は内装工事を始める前に雨が入ってくることを防ぐため、屋根の工事を行った様子を紹介します!



北海道函館市の新築・リフォーム・修繕のことなら株式会社 マルサ佐藤建設

TEL:0138-55-6652/FAX:0138-51-9227
営業時間:8:00~17:00
主な施工エリア:北海道、函館市、北斗市、七飯町周辺