函館市 駒場町 新築住宅平屋建て 基礎埋め戻し断熱土間工事

2018年10月5日|カテゴリー「新築
函館市駒場町で新築工事がスタートしています。
平屋建て約32坪+車庫を併設しています。
長期優良住宅の認定とBELSを取得した高性能な建物になります。
耐震等級は木造最高ランクの3です。

今日は基礎に土を埋め戻した後、土間を断熱する工事を紹介します。

基礎のコンクリートが固まったら型枠を解体する

函館市 駒場町 新築工事 平屋建て 断熱土間工事

コンクリート打設後1週間の養生期間を経て、型枠の解体を行いました。
基礎コンクリート打設の様子は→こちらの記事クリック

型枠の解体が完了したら重機を使用して土を埋め戻していきます。

函館市 駒場町 新築工事 平屋建て 断熱土間工事

土を重機で基礎内に投入した後は、ランマーという締め固め振動機で30cmごとに締め固めていきます。
これを怠ると、後に地盤が沈下し建物の基礎と地盤に隙間が出来てしまい、建物にとって荷重を支えてくれるものがなくなってしまうので危険です。

土の転圧が終わったら砕石を敷いて、今度はプレートという振動機で砕石を締め固めていきます。

函館市 駒場町 新築工事 平屋建て 断熱土間工事

函館市 駒場町 新築工事 平屋建て 断熱土間工事

土間の断熱、防湿工事

函館市 駒場町 新築工事 平屋建て 断熱土間工事

砕石の転圧が終わった後は、防湿フィルムを敷きます。
写真に写っている緑のシートがそれにあたります。
厚みは0.2mmと薄いですが、これを敷かなければ地盤の湿気がコンクリートに直接触れるため、コンクリート内部の鉄筋を腐らせてしまう原因となります。

防湿フィルムを貼った後は、100mmの断熱材を敷き込んでいきます。
函館市 駒場町 新築工事 平屋建て 断熱土間工事

函館市 駒場町 新築工事 平屋建て 断熱土間工事

函館市 駒場町 新築工事 平屋建て 断熱土間工事

断熱材を敷きこんだら土間配設

函館市 駒場町 新築工事 平屋建て 断熱土間工事

函館市 駒場町 新築工事 平屋建て 断熱土間工事

函館市 駒場町 新築工事 平屋建て 断熱土間工事

函館市 駒場町 新築工事 平屋建て 断熱土間工事

土間鉄筋配置完了です!

鉄筋の間隔やかぶり厚さを確認してコンクリートを打設します。

土間コンクリート打設

函館市 駒場町 新築工事 平屋建て 断熱土間工事

函館市 駒場町 新築工事 平屋建て 断熱土間工事

函館市 駒場町 新築工事 平屋建て 断熱土間工事

函館市 駒場町 新築工事 平屋建て 断熱土間工事

函館市 駒場町 新築工事 平屋建て 断熱土間工事

コンクリートを均して、平滑にし土間コンクリート打設工事は完了です!



北海道函館市の新築・リフォーム・修繕のことなら株式会社 マルサ佐藤建設

TEL:0138-55-6652/FAX:0138-51-9227
営業時間:8:00~17:00
主な施工エリア:北海道、函館市、北斗市、七飯町周辺