函館市 富岡町 内装クロス貼り

2017年7月23日|カテゴリー「内装工事
函館市富岡町内装クロス(壁紙)の貼り付け工事の工程紹介をします。

壁部分の石膏ボードを貼り付けて壁を作った後、クロス(壁紙)を貼る前に、石膏ボードに打ってあるビスの穴や、石膏ボードとボードの繋ぎ目を補修する工事があります。

この工事のことを下地調整と言ったり、パテ処理と言ったりします。





クロス 壁紙貼り

まず石膏ボード同士の繋ぎ目をそのままにしてしまうと、クロスを貼ったあとクロスにひびが入ってしまうので、ファイバーテープを貼ります。





クロス 壁紙貼り

ファイバーテープは網網になっています。この網網は後で塗りつける石膏ペーストをしっかり付着させる効果を持ちます。  



クロス 壁紙貼り

ファイバーテープを貼り終わった後は、石膏ペーストを塗り付けます。

石膏ボード同士の繋ぎ目とビス穴に対して塗込んでいきます。



クロス 壁紙貼り

1回目の石膏ペースト塗込みが終わりました。
これだけではクロスを貼った後クロス表面に繋ぎ目や、ビスが浮き出てしまうので、時間をおいてもう一度石膏ペーストを塗りつけていきます。



クロス 壁紙貼り

2回目の石膏ペーストを塗りつけていきます。

これで石膏ボードの繋ぎ目とビス穴はクロス表面に出てこなくなりました。





クロス 壁紙貼り

これがクロスを貼る前の下地処理完了の状態です。


ここまで下地の調整をしてからクロス貼りは行われます。

しっかり処理してあることを自分の目で確認することが重要です!




家づくりについてのお悩み、リフォームについての相談、補修修繕のご相談は、マルサ佐藤建設へお任せください!


北海道函館市の新築・リフォーム・修繕のことなら株式会社 マルサ佐藤建設

TEL:0138-55-6652/FAX:0138-51-9227
営業時間:8:00~17:00
主な施工エリア:北海道、函館市、北斗市、七飯町周辺